チャーリーXCX、アルバムのネット流出により作り直しへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャーリーXCXが新作アルバムのネット流出により一から作り直すことになったという。2014年発表の『SUCKER』以来となる3作目のアルバムが完成していたというチャーリーだが、メールのハッキング被害により内容がネットに出回ってしまったことを受け、白紙の状態からやり直すことになったと明かした。

しかし、チャーリーはニューアルバムのリリースがそこまで遅くなることはないだろうとして、ザ・サン紙とのインタビューにこう語った。「私のEメールがハッキングされて、ほとんどの内容が流出してしまったから、一からやり直すしかないと思うわ」「でも大丈夫、私は曲作りがすごく早いから何も心配していないわ」

チャーリーは先月のインタビューの中で、ニューアルバムの発売がいつになるかは分からないと語っていた。「アルバムに取り掛かっているわ。来年に発表するつもりだけど、日程については全然分からないの」

チャーリーは最近、デヴィッド・ゲッタとフレンチ・モンタナとコラボしたEDMトラック『ダーティー・セクシー・マネー』を発表していたほか、新曲『ボーイズ』のジョー・ジョナスらが参加したMVでも話題を呼んでいた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop