サイモン・ペッグ、『ミッション:インポッシブル』撮影中の甘い誘惑とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイモン・ペッグが現在撮影中の『ミッション:インポッシブル6』の撮影現場における苦悩はお菓子の誘惑だと話した。人気シリーズ最新作を撮影中のサイモンだが、スタントに向けて体型を維持することが必要とされる中、主役のIMFエージェント、イーサン・ハントを演じるトム・クルーズが日々ケーキやビスケットなどの差し入れを持ってくるため、手を出さないようにするのが辛いとこぼした。

同作でプロデューサーも務めるトムのことを「仕事をするのに最高な相手」と称える一方で、サイモンはトムがキャストやスタッフたちを苦しめるためにわざと甘いものを持ってきているのではないかと疑っているようだ。『ジェイミー・アンド・ジミーズ・フライデー・ナイト』に出演した際、サイモンはこう話した。「『ミッション:インポッシブル』はいつでも楽しいね。だってご存じの通りトム・クルーズの映画だから乗り物にでも乗っているような気分になるんだ。このシリーズに出始めてから、人生で最高に理想的な体型になっているしね。すごくトレーニングをしているし、食生活にも気を付けているから。トムは仕事をするのに最高な相手なんだけど、ちょっとサドっぽいところがあるんだ。いつもケーキやビスケットを買ってきてくれるんだよ。試されているんじゃないかと思っているんだ。ケーキで僕を拷問するのが好きなんだよ」

同作ではトムのほか、クリストファー・マッカリー、フレデリック・シュミット、ドン・グレンジャー、J・J・エイブラムス、そしてスカイダンス・プロダクションズのデヴィッド・エリソンとダナ・ゴールドバーグがプロデューサーを務めている。

しかし、この作品ではこれまでIMFの分析官ウィリアム・ブラントを演じてきたジェレミー・レナーが、ホークアイを続投する『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』との撮影スケジュールが重なってしまったことにより降板を余儀なくされている。

一方でスーパーマンとしておなじみのヘンリー・カヴィルがキャストに加わっており、最近ではアンジェラ・バセットの参加も噂されていたところだ。

レベッカ・ファーガソン、ヴィング・レイムス、アレック・ボールドウィン、ショーン・ハリスらがそれぞれおなじみの役柄を続投するシリーズ最新作は2018年7月公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop