リアーナ、慢性的睡眠不足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアーナの平均睡眠時間は3、4時間だそうだ。リアーナは夜になっても日々の忙しさから頭を切り替えられないそうで、慢性的な睡眠不足に陥っているそうだ。

「色々と遮断するのが下手なの。早く帰宅したときも、ってそれでも深夜1時前位よ、大好きなショーやドキュメンタリーを際限なく見始めてしまうの」「ベッドに直行すればいいのにね。実際毎日3、4時間しか寝てないわ」

また、リアーナにとって同業のホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー、ティナ・ターナーは人生で最も影響された人だというが、他にもダイアナ妃から多大なインスピレーションを得ているようだ。特にダイアナ妃が1994年ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーで開催されたサマーパーティーにて身につけていた、チャールズ皇太子の浮気への復讐と噂の「リベンジドレス」には非常に共感したようで、仏版ヴォーグ誌にこう語った。

「男が浮気したり、ふざけたことをしたらリベンジドレスが必要なの。女は皆わかってるわ」「あのドレスを意識的に選んだのかはわからないけど、ダイアナ妃でさえ普通の女性と同じように苦しんでいるということに私は心打たれたわ」

また、ファッションに関して、以前リアーナは男友達からの影響が大だったとしてこう明かしていた。「13か14歳だったわ、母親が着せたいと思った服が嫌で。スタイル、外見共に本当に少年みたいだったの」「友達は皆男だった。男の子がするようなことが大好きだったから。肩肘張らないスタイルが好きで、ハットやキャップにスカーフがお気に入りだった。私なりの反抗だったの。兄と同じような服装をしたかったわ」「結局母にとっても私たちに同じものを着せることができたし楽だったみたい。同じジーンズとTシャツを着ていたわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop