ブリット・アワード批評家賞の候補者が発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステフロン・ドン、ジョルジャ・スミス、メーブルがブリット・アワード2018における批評家賞の候補に挙がった。

今年、デミ・ロヴァートとジャックス・ジョーンズとコラボしたことで一躍有名になったステフロンは、過去にエリー・ゴールディングやジェームズ・ベイ、アデルらが受賞してきたこの名誉の候補に挙がったことに興奮を隠せないようで、「この素晴らしい賞にノミネートされてすごく感激しているわ。ファンのみんなのおかげよ。2017年は最高だったし、2018年も待ちきれないわ。みんなのことをすごく愛しているわ」とコメントしている。

そしてドレイクの『ゲット・イット・トゥゲザー』にも参加しているジョルジャは「このような素晴らしい新人のみなさんたちと並んで評価されることは光栄だわ。2017年はとても特別な年だったけど、2018年にはさらに期待ね!」とその胸中を語った。

マッシヴ・アタックのプロデューサーとして知られるキャメロン・マクベイとソングライターのネナ・チェリーの娘であるメーブルも、このノミネートが夢のようだとしてこう語った。「批評家賞にノミネートされたことは私にとってまさに夢が叶ったようなものだわ。ここにたどり着くまで一生懸命頑張ってきたから、ブリット・アワードのような賞に認識してもらえるなんて最高よ」

アデルが受賞した2008年に開始されて以来、この賞はフローレンス・アンド・ザ・マシーン、ジェシー・J、エミリー・サンデー、トム・オデール、サム・スミス、ジャック・ガラット、ラグンボーン・マンなど数々のスターの躍進の場を提供してきている。

受賞者は来月4日に発表され、式典は2018年2月21日にロンドンのO2アリーナで開催される。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop