デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の内容に驚いた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイジー・リドリーは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のストーリーに驚いたそうだ。来月に公開となるシリーズ最新作でレイ役を続投しているデイジーだが、その脚本を初めて読んだ際にはシリーズに点在していた話が遂に1つになったと感じたそうだ。

『グッドモーニング・アメリカ』に出演した際、デイジーは「今回の作品には驚かされたの。だっていくつかの話がある意味、まとまってつながっているから」「レイは自分や世界について見出そうとしていて、こういった疑問は良いか悪いかに区分されているわけでもないの。個人の成長を目指しているのよ」と語った。

2015年作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でシリーズデビューを飾ったデイジーだが、1年間に渡ってライトセーバーの特訓をしてきたため、当時とは大きく変わったと実感しているようだ。「ライトセーバーの達人になったわ。前作の前にはちゃんと訓練をしたことはなかったんだけど、今回の作品に向けては1年間トレーニングをしてきたの。だからスタミナもついたし、力強さを感じたわ」

本作ではルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルと共演シーンが多いデイジーだが、ハン・ソロ役のハリソン・フォードやレイア姫役の今は亡きキャリー・フィッシャーを含めた共演者たちと一緒に仕事が出来たことをとても光栄に感じているそうで、「素晴らしいことよ。ハリソンやキャリーと共演出来たことはもちろんとても幸運だったし、最初にマークに会った時なんて、彼のご家族と一緒にディナーにまで行かせてもらったのよ。その後はリハーサルがあって、何度も彼と撮影をしたの。最高だったわ」と話した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop