マイリー・サイラス「自分の曲は好きじゃない」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイリー・サイラスは自分の曲が好きではないらしい。

マイリーは自身を代表するポップソングがあまり好きではなく、ラジオでよく流れるそれらの曲と自分を結びつけるのが難しいと感じているそうだ。

マイリーは審査員を務めるオーディション番組の『ザ・ヴォイス』で、出場者のブルーク・シンプソンが披露したピンクの『ホワット・アバウト・アス』にブルークなりのアレンジが加えられている点が素晴らしいと評価した際にこの爆弾発言をした。

マイリーは「私たちはいつもあなたのパフォーマンスを楽しみにしているわ」「人々はあなたがショーに出続けてほしいと思っていると思う。だからそのためにはみんなブルークに投票しなくちゃいけないわ。でもみんなが本当に楽しみにしているのはブルークが曲を出すことよね」「彼女はポップソングを解釈する素晴らしい技術を持っている。私はポップ歌手で審査員としてここに座っているけどポップソングのことがあんまり好きじゃない。自分の曲さえもあんまり好きじゃないわ。でもあなたはラジオで流れている曲を選んで、アダム(レヴィーン)が言ったように、あなた自身のものにしてしまった」

さらにマイリーは「最初のころはいつも有名な曲をやることに反発していたの。だってアダムが時々私に言うように、ラジオで流れている曲は皆が良く知っているし、自分自身のものにするのが難しいから。でもあなたは今回それを完璧にこなしたわ。だから私はあなたのことをとても誇りに思うの」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop