エドガー・ライト、『ベイビー・ドライバー』続編の製作が進行中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エドガー・ライト監督が『ベイビー・ドライバー』続編の製作が進行中だと認めた。アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ジョン・ハムらが出演し、今年公開され評判を呼んだアクション作品だが、監督と脚本を兼任したライトはこれまで続編については消極的な様子を見せていた。

しかし今回、ライトは続編の脚本を書いているところだとエンターテインメント・ウィークリー誌に明かしている。「続編はすでに進行中だよ。契約がちょうど打ち出されたところなんだ」「たぶん少なくとも2作目でも脚本を書くつもりだよ。アイデアがたくさんあるんだ。続編に盛り込むかは分からないけどね」「今ちょうど取り組んでいるところだよ。これまであたためてきたものと、新しいアイデア、1作目以降にアドバイスしてもらったものなんかがあるから」

また、ライトは監督作『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』から『ベイビー・ドライバー』まで長すぎたとして、続編はそれよりも短い期間で製作したいと続けている。「短い期間で軌道に乗せたいね。自分の力が及ばないことだけど、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』から『ベイビー・ドライバー』まで4年も空いてしまったから」「そんなに長くは空けたくないんだ。2年以内には公開したいと思う」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop