グウィネス・パルトロウ、ワインスタイン被害者の餌に利用された!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グウィネス・パルトロウはハーヴェイ・ワインスタインから他の女性達を誘い込むために利用されたと語った。グウィネスによると、数々の女性に対するセクハラ疑惑が浮上しているワインスタインは自分と性的関係にあったと何度も偽って新人女優たちを誘っていたという。

グウィネスはニューヨーク・タイムズ紙に「誰かと寝たと嘘をつく人は他にもいるけど、彼の場合は凶器としてその嘘を使用していたのよ」と話す。

グウィネスはワインスタインから自分の名前を挙げられたという被害者の女性達から話を聞いているそうで、その数の多さにも驚かされたようだ。その中には2000年にある若手女優に対してワインスタインがグウィネスや他の女優たちに対する自分の影響力を語り、誘いを受け入れることが「君の今のキャリアにとってできる最高のこと」と口したという話や、2004年にワインスタインから暴行をはたらいたとされる同じ部屋にグウィネスが映っている写真を見せられたという話もある。

グウィネスは20年以上前にワインスタインから不適切な行為の被害に遭い、そのことをC.A.A.社の担当エージェント、リック・カーツマンに報告したところ懐疑的な表情をしつつ嫌悪感を表したものの、社内の上層部に報告するようには言われなかったと明かしていた。これを受け、同社はその後「クライアントを失望させた」ことに対する謝罪文を発表している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop