ドウェイン・ジョンソン、ハリウッドの殿堂入りが決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドウェイン・ジョンソン(45)がハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの栄誉を受けることになった。プロレスラーから世界屈指の映画俳優へと変貌を遂げたドウェインが、ハリウッド大通りにその名と共に星を刻む。

ハリウッド商工会議所によって投稿された発表文の中で、ウォーク・オブ・フェーム式典のプロデューサーを務めるアナ・マルチネスは「ドウェインは素晴らしいパーソナリティと才能を持ち合わせているだけでなく、ウォーク・オブ・フェームの星を獲得する条件でもある慈善活動を多く行っているのです」「ドウェイン・ジョンソンは誰からも愛されていますよね!彼の星は大通りの中でも人気のあるスポットになるのではないかと予想しています」と理由を説明した。

ドウェインは13日にハリウッド大通りで行われる殿堂入り式典に出席する予定だ。

そんなドウェインは先日、感謝際のごちそうを用意する金銭的余裕がなかった過去を振り返っていた。家族写真をインスタグラムに投稿したドウェインはそこに「その日お母さんが言っていたように、87年には感謝祭のディナーを作るお金の余裕がなくて、誰かが食べに来ないかと招待してくれるのを祈っていたこともあったんだ。当時、うちは辛い状況にあったけど、乗り切ったんだ。そして今がある。大きく、拡大され、混ぜ合わさっていて、ちょっとクレイジーだけど愛情に溢れた素晴らしい家族」と綴っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop