アンディ・サーキス、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に感激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンディ・サーキスは自身が最高指導者スノークを演じる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のストーリーに感激したそうだ。シリーズ新三部章で悪のリーダーを演じているアンディは、ライアン・ジョンソン監督によるシリーズ第8弾で前作よりもさらに重要な役どころを占めるようだ。

そんなアンディは完成版の映画を見た際、あまりの感動的なストーリーに驚いてしまったとロサンゼルスで行われた記者会見で明かした。「とても親密で感傷的なんでびっくりしちゃったよ。あれは予想していなかった。とても力強くて感動させられるよ。ライアンはこの壮大なシーンや面白い演技の間に、人々の心に訴える美しいキャラクターの心情を見事に織り込んでいるんだ」

一方のジョンソン監督はこの作品がこれまでのシリーズ作よりダークな作品になると明かしていた。「たぶん僕らはみんなよりダークな作風になるように教え込まれてきたと思うし、もちろん少しダークだよ。この作品にはかなり強烈なシーンも含まれるけど、それでいて楽しい映画になることを願ってる」

2009年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のエンディングからの続きとなるこの新作では、マーク・ハミル演じるジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーがレイをトレーニングするところからストーリーが始まる。

またこの新作は昨年12月に他界したレイア姫役のキャリー・フィッシャーの遺作となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop