リンジー・ローハン、女優業に復帰へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンジー・ローハン(31)は女優としてのキャリアに復帰する準備が整ったようだ。若干3歳にしてモデル業を始めているリンジーは、2013年『ザ・ハリウッド』への出演を最後に女優活動を休業し、トラブル続きのライフスタイルから人生を立て直す間、ロンドンでシリア難民の救援活動に携わっている。

しかしこの年末年始はニューヨークへと帰国しているようで、その間を利用して可能性のある新作に向けてミーティングなどの機会を持つ予定だと言われている。

複数の内部関係者がザ・ブラストに明かしたところによれば、リンジーにとって演技は常に一番情熱を寄せていることであり、ここ数年の経験により演技に磨きがかかったはずだと考えているようだ。

2014年にはウエスト・エンドの舞台『スピード・ザ・プラウ』にも出演したほか、英コメディ『シック・ノート』も近日放送予定になっているリンジーは、映画というジャンルにこだわりはないそうだが、納得する脚本と作品に出会うまで時間をかけるつもりだという。

以前リンジーはアメリカを離れたことで落ち着いた生活を取り戻せたと明かしていた。「ハリウッドはもちろん恋しいわ」「でも、あまりにも騒がしい環境でしょ。だから子供たちや他の人を助ける仕事をすることで、ある種の平穏を取り戻せたの」

今年にはトルコに亡命したシリア難民のキャンプを訪れており、そのことでシリア内戦への関心を高めることを願っていると明かしていた。「私はすぐに泣いてしまったわ。こどもたちは、毎秒爆弾が爆発することに怯えているの」「でもその内面には光があるから、教える意欲のある人に出会い、一緒に座って時間を過ごし、また他の人達が来られるように注目を集めることはとても重要なの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop