ベラ・ソーン、わいせつ行為の被害に遭っていたことを明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベラ・ソーン(20)がわいせつ行為の被害に遭っていたことを明かした。

ディズニーチャンネルの『シェキラ!』でおなじみのベラがツイッターに投稿したセクシーな紫のスーツ姿の写真に「出来たらこのスーツを消し去りたい」というコメントに、あるユーザーが「ディズニーはこの子に何をしたの?性的ないたずらでもされたんじゃないかと思うわ」とツイートしたところ、ベラが「そうよ、私はいたずらを受けたわ。ディズニーではないけど」と返信したことで、過去に性的被害に遭っていたこと明かす形となった。

さらにベラはその後「この世界は我慢ならない場所になり得るから」とツイートしたが、事件の詳細については触れなかった。

2010年から2013年にかけて『シェキラ!』で演じたシーシー役で最も知られるベラだが、2006年と2007年には『ウェイバリー通りのウィザードたち』『アントラージュ★オレたちのハリウッド』にも出演している。

今回の告白を受け、ユーチューバーのタナ・モンゴーや交際中のラッパー、モッド・サンなど著名人からも応援のメッセージが寄せられている。

そんなベラは元交際相手であったリル・ピープが突然他界するという悲しいニュースに見舞われていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop