50セント、10万円超のDJ機器を破損

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50セントが先日、1000ドル(約11万円)相当のDJ機器を破損していたようだ。50は9日(土)にマイアミ内のナイトクラブ、オラで開催されたイベントでのパフォーマンス中、誤ってDJの使用していた機器に飛び乗ってしまったようだ。

その場を目撃した人物はその様子をこう語る。「50セントはスピーカーからVIPテーブルへと飛び移り、さらにDJブースの上までジャンプしたんです。そうしたら思いっきりミキサーに着地してしまったんですよ」「でも途切れることなく機器は取り替えられ、ショーは続行されました」

50セントは弁償を申し出たというが、同クラブの経営者であるライアン・ヴァン・ミリゲン氏はその晩の50セントのパフォーマンスにはそれだけの価値があったとして、ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄にこう話している。「壊れたミキサーにはそれだけの価値がありました」「50セントがまた来てDJ機器にジャンプしてくれるのは大歓迎ですよ。思いっきり盛り上げてくれましたからね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop