ブリンク182にトム・デロング復帰か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トム・デロングがブリンク182への復帰を示唆している。トムは同バンドのドラマー、トラヴィス・バーカーとの話し合い後、戻る可能性についてほのめかした。ギタリストとして1992年に結成された同バンドのオリジナルメンバーだったトムだが、2015年に脱退し、現在はバンド、エンジェルズ・アンド・エアウェーヴズで活躍している。

トムは今回、トラヴィスと再会したことをインスタグラムにこう伝えている。「トラヴィスが電話してきて、インタビューしていいかって聞いてきたんだ。そしたら、すぐにも僕のオフィスに何台ものカメラが押し寄せてきた」「僕の体をハイレゾ画像で収めたいのかって思ったよ」「それからブリンキーズのみんな、僕らは他にも色々と話を重ねたよ。#トラヴィスとトムが手を結ぶ」

2万7000以上の「いいね」を獲得したこの投稿で、ファンの間ではトムがバンドに戻るのではないかという噂が立っている。

最近、同バンドは5年ぶりの新作『カリフォルニア』を引っさげてのツアーを終えたところで、トムの代理を務めてきたアルカライン・トリオのマット・スキバも初参加となっていた。

1998年にトラヴィスが加入した同バンドだが、2005年に休止を発表し、2009に再結成したものの、ツアーの不振で2015年にトムが脱退している。

さらに、2001年にトムとトラヴィスがエンジェルズ・アンド・エアウェーヴズのギタリスト、デヴィッド・ケネディーと結成したボックス・カー・レーシングにも再結成の話が囁かれている。

トムは以前こう話していた。「ブリンクが僕のDNAの中にはある。トラヴィスとちょっと話をして、実現に向けて適した時期や方法について確認したよ」「永遠にさよならをしたわけじゃない。でも僕の役は今、他の人が担っている。本当に忙しいんだ。でも期間限定でバンドに戻る可能性はあるよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop