ジョン・レジェンド、日本行きの飛行機でトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・レジェンドが39歳の誕生日を妻クリッシー・テイゲンと東京で祝おうとしたところ、日本行きのフライトでトラブルに見舞われた。夫妻の第1子ルナちゃんを祖母のところに預けてきた2人は、乗っていた全日空のロサンゼル発東京行き便が離陸後4時間経過してから、別の便に搭乗する予定だった乗客が乗っていることが判明したとして、発着地のロサンゼルスへと引き返す羽目になっていた。

現在ジョンとの第2子を妊娠中のクリッシーは27日(水)、飛行機でのトラブルの一部始終をツイートしており、「11時間のフライト中4時間経過後、この便に乗っているはずのない人がいると発覚したことで引き返すことになってる。なぜみんな引き返さなきゃいけないのかは、私には分からない」と苛立った心境を明かしていた。

その後、別の東京行きの便へと搭乗することになりクリッシーは「寛大」だったというものの、妊娠中でなくお酒を飲んでいたら話は違っただろうとして、「別の飛行機に乗るところよ。お酒を飲んでるクリッシーだったら大激怒してたでしょうね。お酒を飲まないクリッシーは寛大で辛抱強いの」と冗談交じりのツイートをしていた。

そんなトラブルを経て28日(木)に東京に到着したジョン夫妻は、予定していた名古屋行きを取りやめ、東京に留まることに決めたという。

結婚の1年前となる2012年にも東京を訪れていた2人は、この旅でまた「若い恋人同士に戻った」気分になったようだ。無事に到着したのを知らせると同時にクリッシーはツイッターで「はぁ、名古屋への乗り継ぎ便とあと3時間のドライブを...ご想像通りの理由からキャンセルしたわ...でも東京に滞在するのは嬉しいわ!また若い恋人同士に戻ったみたいな気分。2012年のラーメン体験から随分経ったものね!」と報告した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop