サム・スミス、「スティーヴィー・ワンダーとコラボがしたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サム・スミスはスティーヴィー・ワンダーと一緒に仕事することが夢だそうだ。スティーヴィーの長年に渡るファンだというサムは、11月にセカンドアルバム『スリル・オブ・イット・オール』をリリースしたばかりだが、次のアルバムでスティーヴィーとコラボレーションしたいとザ・サン紙に打ち明けた。「自然な流れでそういう方向になる以外はやりたくないけど、スティーヴィー・ワンダーと一緒に歌えるとしたら最高だね」「僕の夢だよ。スティーヴィーの大ファンなんだ。ちょっとパニックになってしまうかもね」

サムは2015年公開『007 スペクター』の主題歌『ライティングズ・オン・ザ・ウォール』を手掛けヒットとなったが、そのタイトルはスティーヴィーのヒット曲『迷信』の歌詞冒頭部分から取られたものだ。

そんな2人は2015年にロサンゼルスで開催されたグラミー賞にて初顔合わせを果たしており、スティーヴィーがサムの控室を訪れるというサプライズをしていた。

スティーヴィーの他にも、サムはエイミー・ワインハウスとジョニ・ミッチェルのファンでもあると明かしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop