第75回ゴールデン・グローブ賞が発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第75回ゴールデン・グローブ賞が発表され、『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』と『スリー・ビルボード』がそれぞれ最多の4部門を制するかたちとなった。

『ビッグ・リトル・ライズ』でドメスティックバイオレンスの犠牲者セレステ・ライト役を演じ、リミテッドシリーズ/テレビムービー部門で初の女優賞を受賞したニコール・キッドマンは、7日(日)にビバリーヒルトンで行われた同式典にて、セクハラ抗議の「タイムズ・アップ」の一環として黒のドレスを纏い、受賞スピーチでは社会における変化を求めるとしてこう語った。

「私が演じたこの役は現在、社会で議論の的となっている『虐待』を象徴しています。このストーリーを通じて、そのことに変化を起こすことができることを私は強く信じ、また望んでいます」

また、ニコールは同ドラマで共演したリース・ウィザースプーンそしてゾーイ・クラヴィッツ、ローラ・ダーン、シェイリーン・ウッドリーに敬意を表し、今回の賞が「私たちみんな」のものだと続け、夫のキース・アーバンと最愛の母ジャネルについて「キース、あなたと頬を寄せていると、すべてが溶けるようだわ。愛してる」「私が子供の頃、母は女性運動の支持者でした。私がここに立っているのは母のおかげです。私の功績は母の功績なのです」と語った。

また、同ドラマでニコールの夫役を演じ、助演男優賞を受賞したアレクサンダー・スカルスガルドは、ニコールを始め、原作者のリアン・モリアーティ、プロデューサーのブルーナ・パパンドリアも含めた女性陣への感謝と共に、「私は類まれな才能をもった女性たちと仕事をすることができたおかげで、今夜ここにいるのです」「ニコール、私のキャリアの中でも最上の経験をさせてくれてどうもありがとう」とコメントした。

ローラも同ドラマで助演女優賞を受賞し、「私たちは告げ口をするなと教えられ、沈黙を保つことが普通だとされてきました。私たち皆は、真実を語る勇気を持った被害者や周りの人々を支持するだけでなく、修復的司法についても声高に叫んでいく必要があるのです。私たちに彼らを守り、力としましょう」

同ドラマはその他、リミテッドシリーズ/テレビムービー部門の作品賞も受賞した。

一方、映画部門で同じく4部門を制した『スリー・ビルボード』は、ドラマ部門作品賞、脚本賞の他、フランシス・マクドーマンドがドラマ部門女優賞、サム・ロックウェルが助演男優賞に輝いた。

そして、フランシスも受賞スピーチにて、ニコールらと同じく昨今のセクハラ問題について言及し、「皆さんもご存じの通り、私は政治的発言はしないタイプですが、今夜ここに居合わせたこと、私たちの業界の力関係を揺るがす地殻運動に加わることができることに本当に感謝しています」と語った。

セス・マイヤーズが司会を務めた今年の同式典では、他に『レディ・バード』がコメディ/ミュージカル部門で作品賞及び、シアーシャ・ローナンの女優賞で2冠を勝ち取ったほか、『ザ・ディザスター・アーティスト』でジェームズ・フランコがコメディ/ミュージカル部門の男優賞、ゲイリー・オールドマンが『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でドラマ部門の男優賞にそれぞれ輝いた。

第75回ゴールデン・グローブ賞 受賞者及び作品一覧:

映画部門

ドラマ部門 作品賞

『スリー・ビルボード』

ドラマ部門 女優賞

フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』

ドラマ部門 男優賞

ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

コメディ/ミュージカル部門 作品賞

『レディ・バード』

コメディ/ミュージカル部門 女優賞

シアーシャ・ローナン 『レディ・バード』

コメディ/ミュージカル部門 男優賞

ジェームズ・フランコ 『ザ・ディザスター・アーティスト』

助演女優賞

アリソン・ジャニー 『アイ、トーニャ』

助演男優賞

サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』

監督賞

ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

脚本賞

『スリー・ビルボード』

作曲賞

アレクサンドル・デプラ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

アニメ作品賞

『リメンバー・ミー』

外国語映画賞

『女は二度決断する』

歌曲賞

『ディス・イズ・ミー』(『グレイテスト・ショーマン』)

テレビ部門

ドラマ部門

『ザ・ハンドメイズ・テイル』

コメディ/ミュージカル部門

『マーベラス・ミセス・メイゼル』

リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』

ドラマ部門 男優賞

スターリング・K・ブラウン 『THIS IS US 36歳、これから』

ドラマ部門 女優賞

エリザベス・モス 『ザ・ハンドメイズ・テイル』

コメディ/ミュージカル部門 男優賞

アジズ・アンサリ 『マスター・オブ・ゼロ』

コメディ/ミュージカル部門 女優賞

レイチェル・ブロズナハン 『マーベラス・ミセス・メイゼル』

リミテッドシリーズ/テレビムービー部門 男優賞

ユアン・マクレガー 『ファーゴ』

リミテッドシリーズ/テレビムービー部門 女優賞

ニコール・キッドマン 『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』

助演男優賞

アレクサンダー・スカルスガルド 『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』

助演女優賞

ローラ・ダーン 『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop