ブラッド・ピット、競売で『ゲーム・オブ・スローンズ』鑑賞権を得られず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラッド・ピットが、オークションでエミリア・クラークと『ゲーム・オブ・スローンズ』を鑑賞する権利に12万ドル(約1400万円)を賭けたものの、より高値が付いたため負けてしまった。6日(土)にロサンゼルスのミルク・スタジオズで開催されたショーン・ペン主催による毎年恒例のハイチ支援のイベントにおいて、サイレントオークションに参加したブラッドだったが、より高値が付けられたためにその権利を逃してしまった。

ブラッドは8万ドル(約900万円)からスタートし、9万ドル(約1000万円)へと入札額を上げたところ、トイレから戻ってきたエミリアの共演者キット・ハリントンもその鑑賞会に参加すると宣言したことで、ブラッドは12万ドルに引き上げていた。しかし、結局は他の参加者が16万ドル(約1800万円)でこの権利を落札するに至ったという。

同イベントではその他、エミリアがジョシュ・スミスの絵画に9万ドルを賭け、8万ドルを入札したレオナルド・ディカプリオを抑えた。一度は逃してしまったディカプリオだが、その後再度スミスによる絵画が登場した際には、ディカプリオが落札している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop