ジリアン・アンダーソン、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を刻む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジリアン・アンダーソンがハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星に名を刻んだようだ。

今週8日(月)に行われた記念セレモニーに出席したジリアンは、スピーチで「信じ難いほどの栄誉です。大変光栄であると共に身の引き締まる思いです」と喜びを語った。

さらにジリアンは、自身が演じる『X-ファイル』のダナ・スカリーに敬意を表しこう付け加えた。

「この役を再び演じることができて私は幸運です」「ダナは男性が理想とするタイプの女性ではありませんが、強い信念を持ち、賢く勇気があって向上心に溢れ自立した大人の女性です」「ファンの皆さんがすぐに証明してくれることでもありますが、テレビで描かれる若い女性は、あらゆる年代の女性にとってロールモデルとなる必要があるにもかかわらず、単純に今まで彼女らを代表するものではありませんでした」

同シリーズで相棒を演じるデイヴィッド・ドゥカヴニーは、セレモニーには姿を見せなかったもののジリアンに向けてこのようなメッセージを送った。

「僕らはこれまでビジネスパートナーとして、友人として良い関係を築いてきた。そして今度はお隣さんになったんだね」その言葉通り、2人の星は隣同士に並んでいる。

さらにジリアンは以前、同シリーズ共演者のジョエル・マクヘイルからも「あんなに素晴らしい女優はいないよ、彼女は文化の象徴なんだ」と賞賛を受けていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop