スティーヴン・スピルバーグ、オスカーで女性監督のノミネートを予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーヴン・スピルバーグ監督は今年のアカデミー賞で少なくとも女性1人が監督賞にノミネートされるだろうと予想しているようだ。

先日のゴールデン・グローブ賞で、監督賞発表のプレゼンターを務めていたナタリー・ポートマンが一言「全員男性のノミネートです」と皮肉を付け加えたことを受けて、スピルバーグは来月開催されるアカデミー賞で『ワンダーウーマン』を手掛けたパティ・ジェンキンスを有力候補に挙げ、『エンターテイメント・トゥナイト』にこう話している。「今ゆっくりと、たぶん速さは足りないかもしれないけれど、女性監督にとって転機が訪れているよね。何といってもパティ・ジェンキンスがいるじゃないか。素晴らしい女性達が出てきているよ。(ディー・リース監督の)『マッドバウンド 哀しき友情』や(グレタ・ガーウィグ監督の)『レディ・バード』なんかね。素晴らしい年だし、何人かのノミネートは確実だと思う。今年のオスカーは複数じゃないにしても1人は女性監督だと予想しているよ」

『ワンダーウーマン』『マッドバウンド 哀しき友情』『レディ・バード』はすでにノミネートされ、受賞にも輝いているものの、その女性監督らは最近ノミネートの発表があった英国アカデミー賞を含め主要な賞は未だ受け取っていない。

これまでにアカデミー賞監督賞に輝いた女性はたった1人で、2010年に『ハート・ロッカー』を手掛けたキャスリン・ビグローが受賞している。1929年に同式典が始まって以来、監督賞にノミネートされた女性はビグローが4人目で、それ以降女性はノミネートされていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop