ダイアナ・ロス、ハワイでミサイル警報に怯える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイアナ・ロスがハワイ滞在中、ミサイル警報を受けて恐怖におののいたという。

ダイアナは、先週末同州を訪れた際に緊急警報が発令され、弾道ミサイル投下の恐れがあるため、直ちにシェルターに避難するように言われたという。

30分後には、誤報だったという知らせを受けたものの、ダイアナはその間に起きたパニックによる恐怖を、同日ロサンゼルスへ戻った際TMZに明かしている。

「私たちは避難しなくてはいけなかった。本当に怖かったわ。ホテルの地下に行ったの。ポジティブでいたけど、真の恐怖だった。とりあえず今はここに戻ったし、大丈夫よ」

今回の警報は13日(土)、現地時間午前8時ごろに発令されたとのことだが、ダイアナ以外にもジム・キャリーが現地に居合わせており、ツイッターにその時の状況を説明している。

「今朝ハワイで起きたら、あと10分で死ぬかもってなったんだ。誤報だったけどね。でも、超自然的な警報だったな。単独のゴモラともいうべきあの男と腐敗した共和党議会が僕らを孤立化させ続ける限り、この世界はあらゆる想像力にも勝る苦しみに向かうことになるよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop