ルイ・トムリンソン、ファンの医療費に約100万円を贈る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイ・トムリンソンがワン・ダイレクションのファンの女の子の医療費に1万ドル(約111万円)を寄付した。

ルイはその9歳になるライリー・サンフォードちゃんの両親がウェブサイト「YouCaring」にて医療費の寄付を募っていることを知ったという。ジョージア州チャッツワースに住むライリーちゃんは脳性まひを引き起こす原因となる、大脳の両面に裂溝が現れる烈脳症という脳形成異常を患っており、両親は同サイトを通じて「ライリーは音楽と動物が大好きです。すこし生意気なところもありますが、そこがまた可愛かったりします。そして、ゼイン・マリク、ハリー・スタイルズ、ナイル・ホーラン、ルイ・トムリンソン、リアム・ペイン、ジョジョ・シワ、テイラー・スウィフト、ルーク・ブライアン、サム・ハントが大好きです」と述べ、ライリーのことをいつも笑顔を絶やさない「真の戦士」だと表現している。

この募金の呼びかけ「スマイルズ・フォー・ライリー」に答えるかたちで、ルイは15日(月)に「愛をこめて」というメッセージを添えて寄付を行った。

また、元1Dのゼインも2640万人のフォロワーを擁する自身のツイッター上にその募金広告をシェアしたところ、ゼインのファンからの募金が相次いだという。

ライリーちゃんの寄付を募った「YouCaring」には両親のメッセージがこう綴られている。「ライリーが誕生したとき、医者からお子さんが笑ったりすることなどはないでしょうと言われました。私たちは絶望しましたが、娘はその発言の間違いを証明しました。現在ライリーは助けなしで歩くことはできません。代わりに床を這うか、私たちが運びます。単語をいくつか言うことはできますが、会話を続けることはできません。私たちは家族としてできる限りのことをして、彼女に必要な助けを全て受けさせたいと考えています。医療用のベビーカーの上では私たちの助けを借りねばならず、自由がありません。よって娘の移動を楽にするためにも、自宅を改造する必要があるのです。ウォークインシャワーや、大きな戸口が必要で、ベランダには傾斜路を備える必要があります。そして医療費も集めなくてはいけません。私たちの次の目標は、効果があることで知られる幹細胞治療を娘に受けさせることです。しかし保険適応外でとても高価なのです。どうかライリーに最大限の可能性を与えて下さい。娘の夢を叶えるために。どうか募金をお願いします!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop