アレキサンダーワンがニューヨークコレクションから離脱!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレキサンダーワンは今年度のニューヨークコレクションに参加しないようだ。同ブランドデザイナーのアレキサンダー・ワンは2月に発表される2018-2019秋冬コレクション以降、ニューヨークコレクションに参加しないことを明らかにした。代わりに6月と12月に自身のコレクションを発表するという。

この変更によって、プレコレクションの日程により近づくため、同ブランドの顧客により適したサービスを供給できるとして、同ブランドCEOのリサ・ガーシュ氏はプレスリリース時に「この革新的な試みによって『リゾート』や『プレフォール』といった時期のずれたものでない商品を、一年を通してよりそのコレクションに適したタイミングで着実に顧客へとお届けすることが可能となるのです」と移行理由を明かしている。

よって、アレクサンダーの新作は2月の同コレクションには披露されるものの、9月の2019年初夏コレクションは出展されないことになる。

また、ヴォーグによると今回の不参加表明は米国ファッション協議会(CFDA)によって受諾され、同団体は恒例の2月と9月のコレクションだけでなく、6月と12月にも何か具体的なショーを開催できるのではないかと画策している段階だという。

CFDAのCEOスティーブン・コルブ氏はWWD.comに対し「今年の夏に実現するかもしれません。そのことに向けてブランドが5つぐらい提携する可能性もあります。アレクサンダーは今回の企画について私たちが話し合いをしたデザイナーの1人です。彼の選択をサポートします。他にも同じ考えを持ったブランドがあります」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop