クリスティン・ベル、アワード司会の衣装候補は40着以上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスティン・ベルは全米映画俳優組合賞(SAG)のため事前にドレスを40着以上も試着したそうだ。同式典での初めての司会に抜擢されたクリスティンは、開催日21日(日)当日に最高の姿で登場するべく、スタイリストのニコール・チャヴェスと共にドレス選びに力を注いだという。

昨年12月、クリスティンに同大役の白羽の矢が立つとすぐに、2人はドレスについて話し合いを始めたとニコールはピープル誌に話している。「私はクリスマス休暇が始まる前に可能な限りたくさんのドレスを確保して、新年が明けたらすぐにドレス選びに取り掛かれるようにしたの」

最終的に2人はレッドカーペット用にジェイ・メンデルによるフクシアピンク色のストラップレスドレスに絞り込み、その後クリスティンは反セクハラ運動「タイムズ・アップ」の支持者がブラックを着用することをサポートするため、式典用としてブラックのドレスに着替えていた。

さらに、ニコールは今回のドレス選びのポイントについて続けた。「もちろんクリスティンが美しく見えるようにしたかったけど、彼女のファッションショーにはならないようにしたかった。そうじゃなく、昨年を通して素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた男性と女性が主役の一夜にしたかったの」「それに『タイムズ・アップ』に敬意を表して式典の最中にはブラックのドレスを着ることにしたの。クリスティンを魅力的に見せるだけじゃなく、着心地が良くて、ドレスが式典のカラーに合うように注意したわ」

また、ニコールはヘアメイクのチームと協力して最善の準備をしたものの、バックステージがとても暗かったため大変だったそうだ。「最低限の明かりしかないから、電気担当者たちの力が必要だったの。当日の朝は穏やかだったけど、本番の時間が近づくにつれて、みんな騒がしくなっていったわね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop