ヒラリー・ダフがアイウェアをデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒラリー・ダフが、新作アイウェアのデザインを手がけた。

23点に渡る「ザ・ミューズXヒラリー・ダフ」と銘打ったコレクションをGlassesUSA.comから発表したヒラリーは、フレーム一点毎にそれぞれ、マリリン・モンローやジェーン・オースティンといった歴史上の女性の名を冠したという。

「世界史にその名を真に轟かせた女性たちよ」「今は女性たちにとっていい時代だわ。みんなが前線に立っている感じがするの。(フレームの)名前はそうね、女性たちに自信をつけてもらいたかったの。だって彼女らは本当に傑出した人間だったから」

そして、ヒラリーのアイウェアを取り扱う同ウェブサイトについて、「何がいいって、バーチャルミラーが使えること。とても賢いやり方だと思ったわ」「眼鏡って個人の好みもあるし、自分の写真をアップロードして、色々なフレームを試すことができるなんて素敵よ。同じフレームでもかける人によって全く違うものになるから」と説明している。

また、眼鏡やサングラス無しで外出することはないというヒラリーは、視力が高かった頃にも伊達眼鏡をかけていたそうで、「最初眼鏡をかけたのはクールになれると思ったからよ」とピープル誌に告白している。また、今回自身でフレームをデザインしたことについて「私はいつも気分が変わるの。だから私みたいに毎日違ったことに影響を受けたり、インスパイアされる私みたいな女性のために自分でデザインするのは本当に最高だったわ」「(フレームは)多岐に渡っていて、楽しくて、おしゃれ。手ごろな値段だから、もう1本という感じでね」と説明した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop