メリル・ストリープ、『ビッグ・リトル・ライズ』新シーズンに出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メリル・ストリープが『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』のシーズン2に出演することになった。ニコール・キッドマン、リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーンが出演するHBOの同人気ドラマの新シーズンにメリルが加わるという。

現在のところメリルの役どころについては詳細が分かっていないものの、ハリウッド・リポーターによると、アレクサンダー・スカルスガルド演じるペリー・ライトの母親メアリー・ルイーズ・ライト役を演じる模様だ。

作家リアン・モリアーティの小説をドラマ化した同ドラマのシーズン1では、妻に暴力を振るうペリーが死亡したところだが、新シーズンでは孫たちを心配しているメアリーが登場することになるようだ。

以前HBOはシーズン2について「嘘の悪質さ、友情の持続力、結婚のもろさ、そして子育ての残忍性を描くものになります。関係は争いを伴い、忠誠心は蝕まれていきます。精神的にも肉体的にも傷つく可能性があります」と述べていた。

ペリーはシーズン1で死亡したが、どのような形になるかは明らかにされていないものの、アレクサンダーは新シーズンにも登場するという。

昨年放送されて以来、人気の同ドラマは、ニコール演じるセレステが夫ペリーから受ける家庭内暴力のリアルな描写が高評価を受けている。暴力的なシーンを演じることについて以前、ニコールは辛いと感じるものの、DVの真実を知るためにも乗り越えるつもりだと話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop