ジャック・ホワイト、ツアーへのスマホ持ち込みを禁止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャック・ホワイトが近々敢行するツアーで、観客のスマホ持ち込みを禁止した。最新アルバム『ボーディング・ハウス・リーチ』を引っ提げたこのツアーでは会場が一丸となってその場の経験を味わうためとして、携帯を保管するための特別な袋が観客に配られるという。

チケット購入者に向けて公式サイトに投稿された通知にはこう書かれている。「電子機器から少しの間、目を離して顔をあげ、音楽とそれに対する共通の愛情を肌で感じることを皆さんに楽しんでもらえると思うんです」「会場に到着した際、携帯電話やその他の撮影、録画機器は全て所定のポーチに収めてください。それはショーの終了時に開錠されます。ショーの開催中はそのポーチ内に保管された状態でお持ちください。使用が必要になった際はロビーとコンコースに設置されている指定エリアにていつでも開錠することができます」

そしてSNSにその晩の様子を投稿したいファンは、当日公式カメラマンによって撮影された写真の数々を投稿できるようにするとして、「ソーシャルメディアに投稿したいみなさん、私たちにお任せください。我々のオフィシャルツアーカメラマンがショーの後にjackwhiteiii.comと@officialjackwhiteliveに写真や動画を公開しますので、それを好きなようにリツイートして下さい。そして電話を気にしない、100パーセント人間のみの経験をその場ではお楽しみください」と続けられている。

2014年のインタビューでジャックは、携帯や飲むことに気を取られているばかりの観客に対して演奏するのは時間の無駄のように感じると苛立ちを表していた。

ジャックは4月からアメリカツアーを開始し、その後6月27日にはイギリスへとステージを移す予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop