TLC、全豪オープンでのライブがコンピュータ機器故障により中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テニス全豪オープンでのTLCのライブが「コンピュータ機器の故障」によって中止を余儀なくされた。同グループは28日(日)メルボルンにてDJホライズンと共にライブを行う予定だったが、40度になる暑さで技術機器に支障が生じたとして、広報が「全てのコンピュータが今夜故障し、残念ではありますが、TLCは今夜歌うことができません。コンピュータなしでは歌うことが不可能なのです」「全額払い戻しを承ります」と中止を発表した。

メンバーもツイッターを通してファンに謝罪しており、T-ボズ(ティオンヌ・ワトキンス)は「本当にごめん。私たちが始末に負えることじゃなかったの。今回の埋め合わせについては考えているから」とコメントし、チリ(ロゾンダ・トーマス)も「本当にごめんね。衣装も着て全て準備完了だったのに。私たちがどうにかできることじゃなかったわ。彼女(T-ボズ)も言っていたけど、埋め合わせについて検討中よ」と投稿している。

現在同グループを見ようとチケットを購入したファンらはテニス・オーストラリアを通して全豪オープンのグランドパス代金として払い戻しができるという。

TLCは今月31日(水)からシドニーのカジノリゾート、ザ・スターにてボーイズⅡメンとのツアーをスタートすることになっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop