ベン・キングズレーとモニカ・ベルッチ、新作スパイスリラーに出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベン・キングズレーとモニカ・ベルッチが新作スパイスリラー『スパイダー・イン・ザ・ウェブ』のキャストに加わった。『シリアの花嫁』のエラン・リクリスが監督を務める同作で、ベンは腕利きスパイのアデレス役、モニカはアデレスのターゲットとなるアンジェラ役、イスラエルの俳優イタイ・ティランがイスラエル諜報特務庁モサドの工作員ダニエル役を演じるとデッドラインが報じている。

ギドン・マロンとエマニュエル・ナカシュが脚本を執筆した同作は、過去に囚われているアデレスが、過去を清算できる最後の機会に中東独裁政権の化学兵器販売元へと辿り着くストーリーだ。現時点では多くは明かされていない同作だが、今春からベルギーとオランダにて撮影が開始されるという。

また、ベンは新作『オペレーション・フィナーレ』で元ナチスの親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンを演じることも決まっている。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザックと共演することになるこのクリス・ウェイツ監督作では、ホロコーストで大きな役割を担っていたアイヒマンの最後の日々が描かれる。アイヒマンは600万人もの人々が命を落とした強制収容へユダヤ人を移送するにあたり、式的役割を担っていたとされる人物である。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop