トム・ハンクス、米人気司会者の伝記映画で主演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トム・ハンクスが子供向け番組の人気司会者だったフレッド・ロジャースの伝記映画『ユー・アー・マイ・フレンド』で主演を務める。トライスター・ピクチャーズは、60年代から70年代にかけて人気を博した子供向けシリーズ『ミスター・ロジャース・ネイバーフッド』の制作も手掛けたロジャースの人生を描く同作の権利を獲得したと発表している。

今回の新作では、ロジャースの記事を書くことになった皮肉屋のジャーナリスト、トム・ジュノーがロジャースを知ることで世の中の見方が変わっていくという友情物語を基にした作品で、題名はミスター・ロジャースの代表曲から付けられている。

『ミニー・ゲッツの秘密』のマリエル・ヘラーがメガホンを取る同作は9月から撮影が開始される見込みで、今後その他のキャストが発表される予定だ。

『ミスター・ロジャース・ネイバーフッド』は1968年に放送が開始され、全米の子供たちの心をつかんだ。今年50周年を祝って制作されたモーガン・ネヴィルによるドキュメンタリー『ウォント・ユー・ビー・マイ・ネイバー』もサンダンス映画祭で上映されたばかりだ。

ロジャースは2003年に74歳で亡くなっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop