キャリー・アンダーウッド、スピード違反で警察から警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリー・アンダーウッドがスピード違反で警察から停車を求められたようだ。キャリーはそれまでの無違反の記録を台無しにしまったことへの恥から泣き崩れてしまったという。

キャリーは今回の一件についてツイッターにこう綴っている。「今日、やってしまったわ。18年目にしてスピード違反で停められたことなんてないともう言えなくなってしまったの。すごく恥ずかしい!警察から見逃してもらった後、車内で泣いてしまったかもね」

そんなキャリーには最近悪いことが続いており、昨年には転倒事故により手首の手術も受けたところだ。キャリーは昨年11月に自宅の階段で転倒し、手首の骨折の他、顔も50針縫合するような怪我を負ったという。しかし、その後レントゲン検査の写真と共にインスタグラムで、手首が順調に回復していることをファンに報告していた。

事故当時の代理人からの発表によれば、キャリーは自宅の外にある階段を何段か踏み外して転倒し、命にこそ別状はなかったものの、手首の骨折や切り傷などにより入院していたという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop