グウィネス・パルトロウ、毎日の入浴は必須

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グウィネス・パルトロウにとって毎日の入浴は欠かせないそうだ。ウィスキーや紅茶を片手に入る夜の入浴が日課だというグウィネスは、その日の気分で湯船での過ごし方も変えるのだという。

「毎日欠かさず湯船に浸かるの。22歳の時ロンドンで『Emma エマ』を撮影していた時以来よ。大好きで儀式化してるわ。その日の気分にもよるけど、ろうそくを灯して、紅茶だったり、ウィスキーを飲んでね」「絶対にはずせないの。毎日のことだもの。子供たちも参加してくれて結構よ。別にそこで瞑想とかに浸ってるわけじゃないから。ただそういった時間が必要なだけ。どんな時でも自分のために使う唯一の時間なの」

そんなグウィネスはお風呂が好きなあまり自分のバスソルトまで作ってしまったとして、ピープル誌にこう続けた。「色々な国を訪れる中で、バスソルトやオイルとか、色々なものを湯船に入れているのを目にしてきたから、入浴の癒し効果についてとても強い興味を覚えたの」「個人的な意見だけど、塩分濃度の高い海や、藻がたゆたっていたり流れのある湖で泳ぐのはプールやシャワーとはまるで違う体験でしょう。だから現代を生きる人々のリクエストに答える形のバスラインを作りたかった。家の湯船の中に自然の一部を取り込むようなね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop