F・ゲイリー・グレイ、『メン・イン・ブラック』リブート作品の監督へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F・ゲイリー・グレイが「メン・イン・ブラック」シリーズのリブート作品を監督するため交渉中だと報じられている。昨年公開された『ワイルド・スピード ICE BREAK』でメガホンを取ったグレイは、同リブート作品の監督としてソニーから白羽の矢が立っており、契約締結も近いという。

ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが出演したオリジナル3部作のスピンオフとなるリブートだが、ソニーは『ジュラシック・ワールド』の成功を受けて今回のリブートの着想を得たようで、同様にキャストを一新した作品になるという。

『アイアンマン』のマット・ホロウェイとアート・マーカムが脚本を執筆しており、スティーヴン・スピルバーグがエグゼクティブプロデューサーを担当する。

タイトル未定の同リブートでの主演はまだ決まっていないが、デッドラインによると、ソニーはすでに公開日を来年6月14日に仮設定しているそうだ。

ソニーからはさらに『スパイダーマン』のスピンオフ2作品が公開される予定で、今年10月の公開となるトム・ハーディ主演の『ヴェノム』に続いて、『シルバー&ブラック』が来年2月8日公開の予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop