デビッド・ベッカム、自身のサッカーチーム結成の苦難を明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デビッド・ベッカムが自身のサッカーチーム設立への道のりが困難であることを明かした。フロリダ州マイアミでのチーム設立に向けて長年取り組んでいるベッカムだが、その長いプロセスに時に嫌気が刺すこともあると認めた。

過去にはメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしていたこともあるベッカムは「辛くなることもあるよ。僕は根強いタイプだし、負けず嫌いだけどさ」と語る。

ベッカムはビジネスパートナー達と共にマイアミのオーヴァータウン地区に観客2万5000人を収容可能なスタジアムの資金を提供する予定となっている。これまでほかの数々の場所の検討を強いられてきたというベッカムだが、マイアミのサッカーチームのホームとしてはオーヴァータウンしかないと考えているようで、「ここが僕らの場所だ。ここにお金を払ったんだから。今後も引き続き使っていくつもりさ」と答えている。

そんな大金を投じるプランを実行中のベッカムだが、妻でデザイナーのヴィクトリアも含めて一家が最近は節約していると明かしていたところだ。18歳から6歳まで4人の子供を持つベッカムは「昔は派手にしていて、お互いに何か買ったりしていたよ。でも今は贅沢するには子供が多いから節約しているんだ」と明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop