エドワード・ノートン監督作にブルース・ウィリスらの出演が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルース・ウィリス、アレック・ボールドウィン、ググ・バサ=ローが『マザーレス・ブルックリン』のキャストに加わった。エドワード・ノートンが主演と監督のほか、脚本までもを担当するこの新作で、3人が新たに出演者として発表された。

ジョナサン・レセムによる1999年発表の同名小説の映画化となる本作では、1950年代のブルックリンを舞台に主役のトゥレット症候群を患う私立探偵ライオネル・エスログが、恩人であり探偵事務所のボスでもあったフランク・ミナが殺害されたことにより、トニー、ダニー、ギルバートらミナ・メンと呼ばれる探偵仲間と共に犯人を突き止めようとする姿が描かれる。しかし、その事件解決に取り組む中で、ニューヨークに隠された予想もしなかったような秘密を突き止めることになる。

エドワードが主役のエスログを演じることになっており、ブルースはミナ役を演じるようだ。これまでにはほかに、ウィレム・デフォー、チェリー・ジョーンズ、イーサン・サプリー、レスリー・マン、ジョッシュ・ペイズ、フィッシャー・スティーヴンス、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、ロバート・ウィズダムらの出演が発表されており、すでにニューヨークで撮影がスタートしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop