サラ・ジェシカ・パーカー、結婚が長続きする秘訣は活力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラ・ジェシカ・パーカー(52)は成功する結婚生活には「活力」が必要だと考えているそうだ。俳優のマシュー・ブロデリック(55)と20年以上も連れ添っているサラは、ピープル誌にその秘訣を語った。「結婚生活ってたくさんの活力があると思うの。もし運が良ければ、キラキラした生き物のようにね」

1997年5月に100人の招待客を招き結婚式を挙げた2人は、15歳の息子と8歳の双子をもうけている。

結婚に憧れたことはないものの、サラはマシューこそ生涯の相手だと思ったと続けている。「ウェディングドレスのことなんて考えたこともなかった。一度もね。それを夢見るようなタイプじゃなかったの。でもある時『マシューが結婚を申し込んでくれたらいいのに』って思ったことだけは覚えているわ。それがいつだったかとか理由なんかも忘れてしまったけど。かなり初期の頃だったと思うわ」

そんな結婚生活では順調なサラだが、最近『セックス・アンド・ザ・シティ』での共演者キム・キャトラルからのバッシングを浴びている。弟を亡くしたばかりのキムに対し、インスタグラムでお悔やみのコメントを書き込んだサラだったが、キムはサラが「いい子ぶる」ために自身の悲劇を利用しているだけだと強く非難していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop