ブラック・チャイナ、セックステープのリークで警察に相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック・チャイナは自身のセックステープがオンライン上に流れたことで警察へ届け出るつもりだという。元パートナーのタイガとの間に5歳の息子、元婚約者のロブ・カーダシアンとの間に1歳2ヶ月になる娘がいるチャイナは、詳細が公開されていない男性にオーラルセックスを行っている1分23秒の動画が匿名のツイッターアカウント上で19日(月)に投稿された。

相手の男性の顔は公開されていないが、声は録音されており、同動画はその男性によって撮影されたものだと見られている。

チャイナの弁護士ウォルター・モーズリー氏はTMZに、本件は犯罪であるとして動画の捜査をするよう警察に連絡するつもりだと話している。

モーズリー氏はまた、昨今セックステープのリークが流行っていることなどを批判するコメントをインスタグラムで述べている。「私達は女性に対する虐待や暴行といった流れを変えるべきです。今日の投稿は、私の依頼人で友人でもある女性に対する攻撃なので、私を深く傷つけています」「なぜ、このような形で本人の同意もなく売却、出版、復讐やブラックメールなどが許されると思うのでしょうか」

また、モーズリー氏は男性に「よりよくなる」よう呼びかけていて、女性は他人の行動によって責められるべきではないと続けている。「私は依頼人たちにビデオを撮るなと言うのに飽き飽きしています。男性側はそれらを後で公開するからです。まるで、レイプしてくれと言っているかのようなもので、短いスカートをはくなと忠告しているようなものですよ」

そして、カリフォルニア州では犯罪とされているこのようなリークを「道徳的に堕落した行為」であると続けている。

また、昨年ロブに対する裁判でチャイナの弁護を担当したリサ・ブルーム氏も、「リベンジポルノ」を批判するコメントをソーシャルメディア上で出している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop