フー・ファイターズ、リアム・ギャラガーとのコラボを熱望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フー・ファイターズがリアム・ギャラガーとのコラボを熱望しているそうだ。以前、同バンドはリアムに称賛のコメントを送っており、それに対しリアムはしばらく忙しいが、是非ともデイヴ・グロール率いる同バンドと共演したいとNME誌に語っている。「あいつらテキストメッセージを送り続けてくるんだよ」「コラボしたいみたいだけど、俺は分からないね。いつかはやると思うけど、今は忙しすぎるんだ。でもあのバンドのことは気に入ってるよ。フー・ファイターズはいい曲を持ってると思う。デイヴ・グロールはすごく才能があるから、バンドもそうだよね」

そんなリアムは昨年、同バンドがグラストンベリーにヘッドライナーとして出演した際に、デイヴから一緒にステージでパフォーマンスするよう誘いをうけていたが、リハーサルの時間が足りないことを理由に断っていて、以前リアムはこう語っていた。「来てくれ、歌ってくれって俺に頼んできたんだ。断ったけどね。リハーサルが必要だし。凄いことだと思うけど、リハーサルが必要なんだ」

しかしリアムは、同バンドのドラマーのテイラー・ホーキンスのソロ曲『レンジ・ローバー・ビッチ』ならデュエットしたいと話していた。「何をやりたいか言うと、テイラー(ホーキンス)の『レンジ・ローバー・ビッチ』だね。素晴らしい曲だよ」

結局、リアムは昨年10月にカリフォルニア、サンバーナーディーノで開かれたカル・ジャムでフー・ファイターズとの共演を果たし、ザ・ビートルズのヒット曲『カム・トゥゲザー』を披露していたが、歌詞を覚えずに歌詞カードを掲げて歌ったリアムはバッシングされている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop