ヴェラ・ウォン、フィギアのネイサン・チェン選手の衣装について語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェラ・ウォンが自身がデザインしたオリンピックフィギアスケート男子選手ネイサン・チェン(18)のコスチュームについて語った。ヴェラはチェン選手の韓国の平昌冬季オリンピックにおけるコスチュームを数着デザインしているが、製作にあたってチェン選手本人から大きなインスピレーションを得たようで、「(今回のプロジェクトは)挑戦でありかつわくわくもしたの」「彼は明確に自分の視点、そして独自の非常にクールなスタイルも持ち合わせているわ!」と Vogue.comに語っている。

自身も少女時代、将来有望なフィギアスケーターであったことから、過去にはエヴァン・ライサチェク、ミシェル・クワン、ナンシー・ケリガン選手らの衣装を担当したこともあるヴェラだが、選手ごとにデザインの手法も変わるとして「1人とて同じエネルギー、創造性、運動性、音楽性、そしてスタイルを持ったスケーターなんていないわ」「ネイサンの衣装に関してはオリンピック競技者の威厳や意義について固執するのではなく、幾何学的で平然とした何かを表現したかった」と話す。

そして、今回チェン選手と共にモノクロームデザインの衣装30着を制作したヴェラは、これらはただの「ショーのための衣装」ではなく「運動性を滑らかで現代的に解釈したもの」なのだと強調し、「ネイサンは新たな自由というものを表現しているの。それは彼の4回転というテクニックの中にだけでなく、音楽そして動きの中に含まれた非常に現代的なセンス、フィギアの芸術的側面の中に見つけることができるわ」と続けていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop