ジョルジオ・アルマーニ、グッチのショーを批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョルジオ・アルマーニ(83)がグッチのショーを「行きすぎ」だと批判している。先週開催されたミラノコレクションでの同ブランドの2018秋冬コレクションは、モデルがドラゴンのフィギュアやモデル自身の精緻に作製された頭部を抱えてランウェイを歩くなどで話題となっていた。それに対し、アルマーニはステージ演出過多であり、重要なのは服自体に語らせることだと不満をもらしている。

同ブランドやクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレを名指しこそしなかったものの、WWDとのインタビューにてアルマーニは、「こういったことには加担したくないね。ファッションとはメディアにそのブランドを語らせるようではならない。我々は変化し、楽しませなくてはいけない。やりすぎの演出抜きでね。それはあまりにも安易なことだから」「私は消費者たちを騙そうと思ったことは一度もない。私がランウェイのショーで見せるものは、すなわち店頭で顧客の方々が見つけられるものだからね」と述べている。

一方、アレッサンドロは以前、ミラノでの同ブランドのショーはアメリカの学者ダナ・ハラウェイが1984年に発表したエッセイ『サイボーグ宣言』にインスパイアされたとして、ファッションとは売ることだけが全てではないとし、「ファッションを単にビジネスを生む何かだと制限することはあまりにも安易なことだ」と語っていた。そしてモデルが抱えるモデル自身の頭部については、自分と言うものを容認し、頭と思考について気を配るというコンセプトに基づいていると説明していた。

今回のショーは病院の手術室に似せたステージで催され、グリーンの壁に待合室を彷彿させるプラスチック製の椅子、天井からは手術室で使用される照明が取り付けられていた。そして招待客には、ショーまでの日程をカウントダウンするタイマーと「子供には不適切な内容が含まれる」という注意書きが記された招待状が、医療用のごみ袋に似せた袋に入れられて事前に送られてきていた。

ショー後にアレッサンドロは「我々の仕事は外科医のそれと同じです。手術台の上で切り、縫合し、実験するのです」と話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop