リアム・ペインの新曲にJ.バルヴィンが参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ペインのニューシングル『ファミリアー』にラッパーのJ.バルヴィンが参加しているようだ。リアムは26日(月)、インスタグラムのストーリーにフロリダ州マイアミにて上半身裸の姿でスペイン語で歌っている新曲のティーザーを投稿し、バルヴィンをタグ付した。

元ガールズ・アラウドのシェリルとの間に生後11か月の息子ベア君を育てるリアムは、今月1日にもバルヴィンとのツーショット写真を投稿し、新曲でのコラボをほのめかしていた。

この新曲のリリース日については明らかになっていないものの、先日は映画『フィフティ・シェイズ・フリード』のテーマ曲であるリタ・オラとのコラボ曲『フォー・ユー』を発表しているリアムは、ワン・ダイレクションの活動休止後、自身のソロ活動が順調に行っていることが信じられないと胸中を語っていた。そこでは『ストリップ・ザット・ダウン』『ベッドルーム・フロア』などのヒット曲を輩出し、ロンドンのウェンブリー・スタジアムでのソロ公演まで実現したことが信じられないと明かしていた。

一方でリアムのソロデビューアルバムを手がけているスティーブ・マックは、その新作がヒット曲満載の作品になるとの自信を語っている。これまでにエド・シーランやリトル・ミックス、ワン・ダイレクションなどに曲を提供してきたスティーブは、「彼の曲はかなり聴いてみたけど、これは最高のアルバムになるよ」「流れが出来るような作品とは言わないけど、ヒット曲が次々と出てくることが間違いないっていうところが気に入ってるよ。僕の世界においてはそれこそが最高のアルバムというものだから」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop