『600万ドルの男』リメイク版の公開日が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『600万ドルの男』リメイク版が来年5月31日に公開されることが決定した。70年代に放送された同人気テレビ番組をマーク・ウォールバーグ主演で映画化する同作は当初、昨年末に公開が予定されていたものの、その後公開予定が発表されていなかったことでお蔵入りの噂が浮上していた。しかし、ザ・ハリウッド・レポーターによるとワーナー・ブラザース社が今回公開日を正式に決定したようだ。

昨年ワインスタイン・カンパニーから同作の版権を獲得した同社は、出来るだけ早く撮影をスタートさせようとしているようだ。

脚本を手がけたダミアン・ジフロンが当初予定されていたピーター・バーグに代わり監督も務めることになったようで、ディメンション・フィルムズが製作を担当する。

同作の中でマークはテスト飛行中に大怪我を負うも600万ドルの費用をかけ左目、強靭な力とスピードを誇る両足を人工的に強化した元宇宙飛行士の人造人間スティーブ・オースティン役を演じる。ずば抜けた能力を使いスティーブは科学情報収集事務所でスパイとして活躍するというストーリーになっている。

そのほかのキャストについてはまだ明らかになっていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop