リアーナ、ランジェリーコレクションを発表へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアーナ(30)が、ランジェリーラインをローンチする。今回リアーナは会員専用アパレル系ECのTechStyleと契約を交わし、現在自身のコスメラインとして人気を博しているフェンティビューティから下着部門へと事業を拡大することになったと言われている。

詳細についてリアーナの広報はノーコメントとしているものの、関係者がWWDに語ったところによると、過去にエンポリオ・アルマーニに向けて下着をデザインした経験のあるリアーナは、同ECとの提携について既に1年以上に進めてきており、サンプル品も作られているという。

ロサンゼルスにある投資銀行グリーフ&コーのCEOを務めるロイド・グリーフ氏は、過去にはジャストファブの名で知られていたTechStyleが、既にフィットネスウェアブランド、ファブレティックスを持つケイト・ハドソンや、同じくサブスクリプションECであるシューダズルの共同設立者キム・カーダシアン・ウェストとコラボし成功を収めた経験から、新たなセレブリティを迎えたかったのだろうと自身の見解を示した。「彼らは現在、新ブランドや新カテゴリーを更に追加するまでの規模となっています。その成長を公に見せたく、その鍵は業績を作り、前進することです。後ろを振り返ることではありません。したがってリアーナが加わることは市場に自分たちの会社が著しく成長していることを説得させるものとなります。IPO(株式公開)とは全て成長し前進するということなのです」

そんな期待のリアーナは既にファッション及びビューティ業界を席巻しており、プーマとのフットウェア、そしてフェンティビューティではあらゆる肌のトーンを揃えた商品を開発し、発売後瞬く間に成功を収めていた。

自身のブランドではデザイン過程での制約もないようで、「作りたいものを何でも作れるという大きな自由を得られたの。カラー、シェイドからパッケージのフォントに至るまで全てにおいてね」とリアーナは話し、同ブランドの一番の焦点については「肌は女性の美にとって真の鍵となるもの」「まるで素肌のように見えるメイクアップができたら最高でしょ」と続けていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop