アーノルド・シュワルツェネッガー、『ターミネーター6』の撮影が今夏にスタートすることを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーノルド・シュワルツェネッガー(70)が『ターミネーター6』の撮影が今夏にスタートすることを明かした。1984年のジェームズ・キャメロンによるシリーズ第1弾からターミネーターことT-800役を演じ続けているシュワルツェネッガーが、シリーズ第6弾が現在製作中であり、キャメロンも再び参加することを認めている。

シュワルツェネッガーはTheArnoldFans.comに対し、「『ターミネーター6』の撮影が6月から10月中旬にかけて行われるんだ」「またT-800を演じられることを楽しみにしているよ。それに監督をティム・ミラーが務めて、ジェームズ・キャメロンが全体的な監修をするわけだから、すごい作品になるよ」と意気込みを語った。

キャメロンはシリーズ第2弾まで監督を務めていたものの、2003年の『ターミネーター3』、2009年の『ターミネーター4』、2015年の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』には参加していなかった。

今回のストーリーについてはまだ謎に包まれているものの、ミラーとキャメロンは『ターミネーター2』の続編的な扱いで製作を進めていると言われている。

シリーズ第1弾ではシュワルツェネッガー演じるターミネーターは悪役だったものの、続編ではヒーローという立場に変わっている。以前、シュワルツェネッガーは新作ではシリーズの原点に戻ることになるとして、「たぶんジェームズ・キャメロンとティム・ミラーはT-800の話の続きでありながら、全く新しい映画っていうコンセプトを持っていると思うよ」「リンダ・ハミルトンのキャラクターや僕のキャラクターとかオリジナルのキャラクター数人に焦点を当てて、他のことには目を向けていないんだ。全てのタイムラインや他のキャラクター達から完全に離れているわけさ」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop