マイケル・B・ジョーダン、「インクルージョン・ライダー」実行宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブラックパンサー』が大ヒット公開中のマイケル・B・ジョーダンが、今後の作品で「インクルージョン・ライダー」を実行すると宣言した。先日行われたアカデミー賞式典にて、『スリー・ビルボード』の演技で主演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンドが受賞スピーチで訴えたことで一躍注目を浴びている「インクルージョン・ライダー」は、出演契約を結ぶ際に付帯条項を追加することで男女平等と多様化を促す言葉であり、今回マイケルは自身の製作会社アウトライアー・ソサイエティが手掛ける全作品にこの条項を取り入れることにしたという。

マイケルはインスタグラムで「この戦いを率先している女性と男性への支援として、僕は自分の会社アウトライアー・ソサイエティが製作する全ての作品にインクルージョン・ライダーを取り入れることにしました。僕は自分のキャリアを通じて力ある女性や有色人種の方々と働く機会に恵まれてきました。そしてアウトライアーのミッションとは才能ある人たちのために作品を作り続けることです」と発表した。

先日のスピーチ後にフランシスは、インクルージョン・ライダーとは「作品のキャストとスタッフの構成を少なくとも50パーセントは多様なものにするよう、要求できること」と説明していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop