シャロン・ストーン、ピラティスで体型維持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャロン・ストーン(59)の健康な体型維持の秘訣は日頃から行っているピラティスだという。何十年にも渡り美ボディを保ち続けているシャロンは今回、自身の美しさの秘訣は日々の運動にあり、特に体の動作をコントロールしながら行うピラティスは特に効果的だと明かした。

シャロンはこう話す。「ピラティスをしているの。家にはマシーンもあるわ。ジムに行ってサーキットトレーニングすることもあるし、その時の気分で決めてるわ。時には音楽をかけて思いっきり踊ったりもするし。壁と向き合いながらランニングマシーンに乗るタイプではないわね」

シャロンの体型維持の秘訣は食生活にもあるようで、加工食品やカフェイン、砂糖、アルコールの摂取は避けているのだそうだ。

「加工食品は食べない。カフェイン飲料も飲まないし、ソフトドリンクやアルコールもたまに飲むくらい。でもお肉とダークチョコレートは食べるわ。気分によってはお茶に砂糖を入れる時もある。私はセリアック病だからグルテンは食べない。それ以外なら食べたいもの何でも食べるわよ」と続けた。

しかし、美しさの最大のポイントは本当の内面の美にあるとシャロンは主張する。「私にとってより大切にしているのは内面の美。自分のバランスを保つのに、自分なりの哲学や生き方、信念を持つことってとても重要だと思うの。私にとってのそれは仏教よ。仏教は自分を中心へ戻してくれるようなものであって、それこそが穏やかさや美しさへの鍵だと思う。内面の知性と優雅さかしら」

そんなシャロンだが、美容のために常に大金を使うわけではないようで、髪の毛も自分でカットするのだそうだ。

ニューヨーク・タイムズ紙でシャロンはこう話している。「自分でヘアカットしているの。始まりは何年も昔にフランス人の美容師と付き合っていた時のこと。その時私はロングヘアだったわ。彼は『髪を全部上にまとめて毛先を切ればレイヤーができるよ』と教えてくれたの」「時々ヘアカットしに美容室へ行くと必ず、誰がこんな髪型にしたの?って美容師さんに文句言われるわ。でも本当のところ、別の人がしたカットを気にいる人っていないと思うのよね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop