ティム・マグロウ、ステージ上で倒れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ティム・マグロウ(50)が、アイルランドでのライブ中に倒れる事態が発生した。ローリング・ストーン誌によると、11日(日)ダブリンでのライブ中に気分を悪くしたティムは脱水症状を起こしていたようで、シングル『ハンブル&カインド』の演奏が終わると膝をついて座り込んでしまったという。

その後、妻で歌手のフェイス・フィルがステージに上がりティムの状況を説明する姿がネットに上がった動画で確認できる。「極度の脱水症状を起こしています。ごめんなさい。私の決断により彼はこれ以上ステージを続けることはできません」

先週末はカントリー・トゥ・カントリー(C2C)ミュージック・フェスティバルに参加し、金曜ロンドン、土曜グラスゴー、日曜ダブリンとイギリス及びアイルランドにて立て続けにライブを披露していたティムだったが、今回の事態に関して広報からは声明が発表されている。

「ティム・マグロウは今夜ダブリンでのC2Cのイベントにて脱水症状に見舞われました。地元のメディカルチームが診察し、大事には至っていません。ティムとフェイスはファンの方の愛とサポートに感謝を述べています。アイルランドのファンの方々に再び会えることを楽しみにしています」

ティムとフェイスによる次回のライブは5月31日、2人のジョイントツアー「Soul 2 Soul」の一環で米バージニアで予定されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop