エンパイア賞、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が最多受賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第23回エンパイア賞で『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が最多受賞を果たした。人気シリーズ第8弾となった同作は18日(日)にロンドンで行われた式典で、最高賞となる作品賞をはじめ、ライアン・ジョンソンが監督賞、デイジー・リドリーが女優賞を受賞、マーク・ハミルがアイコン賞を受賞したほか、視覚効果賞と衣装デザイン賞にも選ばれた。

一方でウルヴァリン役としての最終作となった『LOGAN/ローガン』でヒュー・ジャックマンが男優賞に輝いており、共演者である12歳のダフネ・キーンが新人女優賞を受賞している。

今回の式典ではスティーヴン・スピルバーグにエンパイア・レジェンド賞が贈られ、メリル・ストリープやトム・ヒドルストン、J・J・エイブラムス、オリヴィア・クックらからのお祝いメッセージが寄せられたトリビュート映像が公開された。

第23回エンパイア賞受賞者 一部抜粋:

作品賞

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

監督賞

ライアン・ジョンソン

女優賞

デイシー・リドリー 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

男優賞

ヒュー・ジャックマン 『LOGAN/ローガン』

新人女優賞

ダフネ・キーン 『LOGAN/ローガン』

新人男優賞

ジョシュ・オコナー 『ゴッズ・オウン・カントリー』

スリラー映画賞

『キングスマン: ゴールデン・サークル』

ホラー・映画賞

『ゲット・アウト』

SF/ファンタジー映画賞

『ワンダーウーマン』

イギリス映画賞

『ゴッズ・オウン・カントリー』

アニメ映画賞

『リメンバー・ミー』

エンパイ・アイコン賞

マーク・ハミル

エンパイア・レジェンド賞

スティーヴン・スピルバーグ

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop