『マトリックス』第4弾が製作へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脚本家のザック・ペンが、「マトリックス」シリーズの続編製作を決意したという。『X-MEN2』『X-MEN: ファイナル ディシジョン』の共同脚本や、『アベンジャーズ』の原案を担当したペンが、『マトリックス』第4弾に向けて、ワーナー・ブラザースに続編製作をしつこく進言しているという。

ペンはスクリーン・ラントにこう語っている。「今『マトリックス』の仕事をしているよ。始まったばかりだけどね。続編をとても観たい映画で、詳細は言えないけど、ワーナー・ブラザースに何年もまた続編を製作しようとしつこく言い続けているよ」

「マトリックス」シリーズは1999年に第1作が公開され、2003年には『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』と続編が次々に公開された。

ペンは、4月20日に日本での公開が予定されているスティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』の舞台となる仮想現実世界オアシスがマトリックスに似ているとして、「オアシスとマトリックスは世界観が似ていると思うんだ」「『マトリックス』の話が出た時、好きでない人達は『「マトリックス」をまた作るなんて勘弁してくれ』っていう反応だったけど、僕にしてみれば、おかしい話じゃないだろって気分なんだ。だって『マトリックス』はいまだに僕のお気に入り作品の1つだよ。また公開されたら、皆観に行くはずさ」と続けた。

続編製作が実現した時に、キアヌ・リーブスらオリジナルキャストが再び登場するかどうかは不明だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop