マライア・キャリーがスタジオ入り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マライア・キャリーがニューアルバムに向けてスタジオ入りしているようだ。2015年にソニー傘下のエピック・レコードへ移籍して以来、新作に着手しているマライアが17日(土)、聖パトリックの祝日を祝う風船に囲まれながらマイクに向かう自分の写真を投稿し、新曲のレコーディングに取り掛かっていることを明かした。

2014年にデフ・ジャム・レコードディングスから発表された『ミー。アイ・アム・マライア』以来となる今回の新作には、マライアのヒット曲『オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー』『ウィ・ビロング・トゥゲザー』なども生み出した長年のコラボレーターであるジャーメイン・デュプリが参加していると見られており、2015年にはジャーメインがマライアとスタジオ入りしていることをインスタグラムで発表していた。

一方でマライアは、かつて所属していたエピック・レコードにまた戻ってきたことで、同社の重役であり、2005年作『MIMI』を手がけたプロデューサーのLA・リードとまた共に仕事をすることになっている。

マライアは昨年、ドネル・ジョーンズの『ウェア・アイ・ウォナ・ビー』をサンプリングしたニューシングル『アイ・ドント』をリリースしているが、自身にとって15作目となる新作アルバムのサウンドの方向性については一切明かしていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop